EDとは実際はどのようなものなのでしょう


ABCクリニック神田院でもEDは扱っていますが、そもそもEDとはどんなものなのでしょうか。
今でこそEDは勃起不全(Erectile Dysfunction)の略語として定着していますが、そもそもこれを表す言葉は「インポ」だった気がします画、いつの間にかEDがとってかわるようになっていました。そしてEDといえばすっかり「インポテンツ」を連想するようになりました。
インポテンツ・・・何とも嫌な耳触り。この「不能」とセットになった言葉からは病気であり治るということが連想しにくく、そのイメージをなくすには違う名前を代わりに付けて良いイメージに塗り替える方が手っ取り早刈ったのでしょう。
今までは年寄りがかかる宿命みたいなイメージがありました。体力の衰えと共に下半身の機能も衰えると思えば理にかなってますが、今ではインポテンツにかかる若者が増えていて、包茎手術専門と思われるABCクリニックにもED患者の若者が年々増えているとのことです。EDはまた摂食障害(Eating Disorder)の略でもあります。摂食障害もさまざまなストレスにさらされる現代の社会問題として度々メディアにも取り上げられますが、
この場合のEDは体力の衰えではなく、明らかに精神的な要因と思われます。
ED患者が都市部に多いことは満員電車や交通渋滞などの通勤、仕事そのもののストレスを始終背負わされていることは関係していると思いますが、それだけではないはず。基本男女の営みに関わる勃起ですから、下半身に直接関係する刺激に関わるストレスと思われます。
現代の男性の多くは自分に自信がない、もしくは自信を失っていると言われています。そしてその自信のなさが大きな要因出もあります。その根本は包茎や短小などの自分の体の自身のなさも一つ有りますが、SNSの普及などインターネットの発達によって情報過多となり、自分と比べる対象が身の回りの男性ではなく、俳優だったり特別にモテていたりと、円だつ存在であることが多く、それらと自分を比べてしまうことがあげられます。
相手の女性がどう思っているかということが常に頭にあるというくらいではEDまでには発展しないような気がしますが、嘆き続けて悩みが大きくなると、ある時突然それが体に影響を与え始める。人間の体はそのへんがとてもデリケートにできていて、悩みが高じて体の機能にまで影響を及ぼす。一度なってしまうとまたなるのではと言う、さらなる要因が加わり、心因性、精神的な苦痛は増幅されて悪循環に陥る。という負のサイクル。
これを改善させるには既に社会的にも支持を得ているバイアグラやシアリスといったED薬は効果的ですが、根本的な解決ではない場合があります。このED薬の処方も含め劣等感そのものを取り除くのがABCクリニックの役割ですが、EDが深刻になると包茎手術や長径術などを行うだけでは足りない心因的要素の改善が望まれ、カウンセリングやそれと併用に開発されたED専用の機器で物理的な刺激を与えるなど、多方面からのアプローチが効果的なようです。

  • ABCクリニック神田院を勧める理由(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります