早漏と言っても要因は複数あります

ABCクリニック神田院の「露経治療」は見た目のコンプレックス解消だけでなく早漏改善をもう一つの目的ともしています。
早漏というとまず思いつくのが「3こすり半」と呼ばれるような、刺激に耐えられずにすぐに射精してしまうというイメージが浮かびますが実は要因はこれだけではありません。これにはおもに2方向からの原因が考えられす。
前述の亀頭の粘膜が刺激に過敏なものは「末梢系」とよばれ、もう一つは脳が興奮しやすい「中枢系」とよばれるものです。末梢系は文字通り末梢神経を意味し、物理的な刺激の強弱が射精までの時間に直接関係するのですから普段から、亀頭が包皮に覆われていることにより敏感すぎることが原因の早漏の場合はこの刺激を弱くすることを目指せばいいわけです。
ABCクリニック神田院で行っている治療のもう一つに、亀頭の敏感な部分に、ヒアルロン酸等を注入する方法があります。不自然に鈍感にするのではなく亀頭増大も兼ね、比較的安全であることからも人気のある方法で人気があり、薬剤注入する方法はABCクリニック独自の手法で行います。
包茎の包皮切除が結果的に早漏の治療となることも知られていますが、切除方法や亀頭露出の度合いによって感覚の変化にはかなりの違いが出るようです。手術が必要なくらいの包茎は通常もしくは勃起時も包皮がかぶっているほどの、強制的に剥かないといけないくらいのものが対象ですが、これをどのくらい切除するかが重要です。やはり包皮はある程度は残した方がいいと言うのが近年の見方となっています。

これに対し中枢系の早漏。性欲の中枢神経並びに勃起の中枢神経を兼ねている人間の生殖機能に重要な視床下部は自律神経機能をつかさどるコントローラーの役割をはたしており。この自立神経の障害はEDにもかかわることで知られています。EDの場合ココを活性化させる、つまり興奮作用も併せ持つバイアグラなどの医薬品が使われるわけですが、反対に元々興奮が強すぎることも問題となり、早漏と言う形で現れます。なのでこの場合は脳の興奮を抑える薬が早漏の改善に作用します。
この様に早漏の原因にも2種類ありますが両方に共通して効果のある治療に射精コントロール訓練があります。このトレーニングは射精のタイミングをコントロールできるようになることが目的です。
射精の際に働く括約筋の神経支配は、排便や排尿の時にはたらく括約筋と同じで御互い連動しています。排便や排尿は意識的にコントロールできるのに射精の場合だけが訓練されずコントロールできないわけです。射精コントロール訓練はこの訓練しにくい括約筋を意識的にコントロールできるようにするための訓練と言えます。
この訓練をすることにより、6週間から12週間でたいていの方は射精までの大幅な時間延長が可能になるそうです。射精のコントロールと時間延長が可能になるので本人はもとよりパートナーも喜ぶことになります。

  • ABCクリニック神田院を勧める理由(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります