包茎にも種類があります

真性包茎
平常時でも勃起時でも常に男性器の亀頭部に包皮が被っている状態です。
亀頭と包皮が癒着していることが多く、平常時だとしても包皮をめくることがむずかしいかもしくは出来ない包茎は真性包茎と言われています。
亀頭が包皮に常に覆われているために亀頭の成長が阻害されています。このため亀頭が小さいまま性器が成長し、先の細くなった状態で成長が終わってしまうことが多いです。包皮の内側は恥垢が溜まりやすく性器が悪臭を放ちやすいので細菌が繁殖しやすいことは感染症を起こす可能性を高め、性交渉にも支障をきたすので、出来るだけ早く治療する必要があります。包茎手術の対象としては代表的な症状です。

仮性包茎

一般的には平常時は包皮が亀頭を覆っていても勃起時は亀頭が露出する、または手でめくれば亀頭を露出することができる状態はこれに当たりますが、真性包茎に近いくらいの重い症状のものから、特に支障のない程度の軽いものまでいろいろで、包茎かそうでないかの線引きが難しいです。このため日本人の半分以上は仮性包茎とも言われているくらい多い包茎の種類といえます。「仮性包茎」の定義は幅広いのです。

真性包茎に近い、勃起時でも包皮をめくるのがむずかしい位の、感染症の危険性をはらんでいるような状態のものが治療の対象となりますが、そうでない軽度の包茎でもコンプレックスの解消という理由で、それほど重度でなくとも包茎手術を希望する男性は増えています。ただ、業界の広告などが包茎手術の必要性を過度にあおるようなものであるとの問題もあがり、またそれを見直す動きが表れたりと、包茎手術自体の存在が表に出るようになりました。

ただ、平常時は常に包皮が亀頭を覆っているため、恥垢がたまり不衛生な状態を作りやすく、包皮と亀頭の間に陰毛が絡まることが原因で傷をつけたり、炎症を起こしてしまう可能性があることから、この様な時は包茎手術と言う形で外科治療を必要とします。
コンプレックスの解消はともかく、性交渉時の不都合や、悪臭などの症状の改善、包茎が要因と考えられる感染症など衛生面に問題を感じている場合にはクリニックを受診することをお勧めします。

カントン包茎
先天的に包皮口が狭い事が特徴です。平常時には亀頭をどうにか露出させることができるのですが無理に包皮を翻転させて亀頭を露出させた状態で勃起した時、その皮がペニスを締め付けることとなり、その結果、痛くて元に戻せないということも起こり、また血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こしやすくなります。
放置しておくとその部分で皮膚が炎症を起こして亀裂を生ずることもあり、反転した包皮が浮腫状に腫脹したり、うっ血して亀頭が赤紫色に腫れるなど激しい痛みを伴うなどの状態になるといよいよ危険になり、成長期が終わってもこの様な状態であるならばなるべく早い手術が望まれます。

※いずれの場合も、成長期に起こることで思春期でもあることから相談することが出来ずに症状を悪化させるというのが多いのですが、最近は情報も得やすくなったこと、クリニックも広告を出すようになり選択肢も増えました。
ただ、クリニックも玉石混交なので、信頼できるクリニックを選んで受診することが大事です。

  • ABCクリニック神田院を勧める理由(TOPページ)


  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります